♪おすすめの新刊2021.1.19
<めんのずかん/大森 裕子>へい、いらっしゃい!
麺専門フードコート「めんパークわんこ」へようこそ。
ラーメン、パスタ、そば、うどん…おいしそうな麺がページいっぱいにずらり。大ヒット『おすしのずかん』『パンのずかん』に続く、大森裕子さんの「コドモエのずかん」シリーズ第3弾は、「めん」のすべて!

 ♪おすすめの新刊2021.1.19
<ちゃんとしなきゃ!」をやめたら二度と散らからない部屋になりました/なぎまゆ>元片付けられない人だった著者がおくる、二度と部屋が散らからなくなるための整理整頓術第2弾!今作では前巻よりも少し視点を移し、後に散らかってしまう要素になりかねない隠れた部分の整理整頓術を解説!前巻と合わせて読めば、二度と散らからない部屋にまた一歩近づくこと間違いなし。

 ♪おすすめの新刊2021.1.19
<われもまた天に/古井 由吉>自分が何処の何者であるかは、先祖たちに起こった厄災を我身内に負うことではないのか。インフルエンザの流行下、幾度目かの入院。雛の節句にあった厄災の記憶。改元の初夏、山で危ない道を渡った若かりし日が甦る。梅雨さなか、次兄の訃報に去来する亡き母と父。そして術後の30年前と同じく並木路をめぐった数日後、またも病院のベッドにいた。未完の「遺稿」収録。現代日本文学をはるかに照らす作家、最後の小説集。

 ♪おすすめの新刊2021.1.19
<ミッドナイトスワン/内田 英治>

トランスジェンダーに芽生えた愛と母性の物語。
映画「ミッドナイトスワン」の監督がみずから書き下ろした感動の小説。故郷を離れ、新宿のニューハーフショークラブのステージに立つ、トランスジェンダーの凪沙。ある日、育児放棄にあっていた少女・一果を預かることになる。常に片隅に追いやられてきた凪沙は、孤独の中で生きてきた不幸なバレリーナの一果と出会い、母性の芽生えを自覚するが……。切なくも美しい現代の愛を描く奇跡の物語。

 ♪おすすめの新刊2021.1.6
<忍びたちの本能寺/近衛 龍春>本能寺の変の真相を探れ──。特命をうけた甲賀忍びの伊兵衛は、美貌のくノ一於夕や千蔵らと探索を開始した。他の忍びの妨害をかわし疑わしい人物を洗っていく。近衛前久、勧修寺晴豊、神主の吉田兼和、御所、そして伴天連の筋。愛宕山の連歌の謎や奇妙な日記が意味することは何か。京都と丹後宮津、浜松をつなぐ点と線、非情なる密約の構図とは。歴史の闇に大胆に挑み新説を提示する傑作。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26
[STAFF ONLY]