♪おすすめの新刊2020.1.8
<メインテーマは殺人/アンソニー・ホロヴィッツ>自らの葬儀の手配をしたまさにその日、資産家の老婦人は絞殺された。彼女は、自分が殺されると知っていたのか?作家のわたし、ホロヴィッツはドラマの脚本執筆で知りあった元刑事ホーソーンから、この奇妙な事件を捜査する自分を本にしないかと誘われる…。自らをワトスン役に配した、謎解きの魅力全開の犯人当てミステリ!7冠制覇の『カササギ殺人事件』に並ぶ傑作!

 ♪おすすめの新刊2020.1.8
<ファミリーランド/澤村 伊智>スマートデバイスで嫁を監視する姑、高級ブランド化する金髪碧眼のデザイナーズチャイルドと育児ハザード、次世代型婚活サイトとビジネス婚に待ち受ける陥穽、自律型看護ロボットを溺愛する娘と母親の対決……。ホラーとミステリ、両ジャンルの若き旗手たる著者・澤村伊智が克明に描く、明るい未来を待ち望むすべての家族に捧げる、素晴らしき悪夢。

 12月の新刊2019.12.27
<小 説>

・悪寒/伊岡 瞬
・炎の塔/五十嵐 貴久
・罪の轍/奥田英朗
・あなたの愛人の名前は/島本理生
・無限のビィ(上・下)/朱川 湊人
・駒姫ー三条河原異聞/武内 涼
・あきない世傳-金と銀-<七>碧流篇/田 郁
・今日のハチミツ、あしたの私/寺地 はるな
・決算!忠臣蔵/中村 義洋・山本 博文
・三匹の子豚/真梨幸子
・かたつむりがやってくる たまちゃんのおつかい便/森沢 明夫




<日記・海外小説>

・折りたたみ北京/郝 景芳
・危険な弁護士ー(上・下)/ジョン・グリシャム
・訣別ー(上・下)/マイクル・コナリー
・堕落刑事マンチェスター市警エイダン・ウエイツ/ジョセフ・ノックス
・地下道の少女/アンデシュ・ルースルンド




<実用書・ノンフィクション・その他>

・アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」/中川 裕
・生態写真集ーキタリスー/竹田津 実
・文房具図鑑ーその文具のいい所から悪い所まで最強解説/山本 健太郎
・なぜ女はメルカリに、男はヤフオクに惹かれるのか?
 アマゾンに勝つ!日本企業のすごいマーケティング/田中 道昭・牛窪 恵
・アイドルやめましたーAKB48のセカンドキャリアー/大木 亜希子
・子規365日/夏井いつき
・資本主義と民主主義の終焉ー平成の政治と経済を読み解く/水野和夫・山口二郎
・ねこ先生トト・ノエルに教わるーゆるゆる健康法ーメディアファクトリー/SIMICO



<児童書>

・心ってどこにあるのでしょう/こんのひとみ
・そらまめくんのおやすみなさい/なかやみわ

 ♪おすすめの新刊2019.12.23
<三匹の子豚/真梨幸子>『三匹の子豚』の朝ドラ化により、再び脚光を浴びることになった脚本家の斉川亜樹。母親がうわごとのように「誰か、あたしの人生を“朝ドラ”にしてくれないかしら」と言っていたことを思い出し、それは母親、ひいては祖母からつながる呪縛だった、と思い至る。そんなある日、彼女のもとに役所から郵便が届く。亜樹の叔母だという赤松三代子の扶養義務についてだった。そんな人物は聞いたこともない…。人生の絶頂にいると思っていた亜樹の目の前に、不吉な黒い点が広がっていく。

 ♪おすすめの新刊2019.12.23
<あきない世傳-金と銀-<七>>大坂天満の呉服商「五鈴屋」の七代目店主となった幸は、亡夫との約束でもあった江戸に念願の店を出した。商いを確かなものにするために必要なのは、身近なものをよく観察し、小さな機会を逃さない「蟻の眼」。そして、大きな時代の流れを読み解き、商いに繋げる「鶚の目」。それを胸に刻み、懸命に知恵を絞る幸と奉公人たちだが―。ものの考え方も、着物に対する好みも大坂とはまるで異なる江戸で、果たして幸たちは「買うての幸い、売っての幸せ」を実現できるのか。待望のシリーズ第七弾!

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25
[STAFF ONLY]