♪おすすめの新刊2019.12.20
<生態写真集ーキタリスー/竹田津 実>森の獣医さん〞と元患者〞との不思議な友情から物語は始まった――「気がつくと、キタリスの世界や気持ちが少し解るようになっていた」……傷ついた野生動物を治療して森に帰す獣医師が、退院していった元患〞とその仲間たちとの触れ合いの中でとらえた、愛らしくもたくましい野生の姿。リスたちの知られざる生態を見続けた十余年の日々を、四季折々の美しい風景の中で綴る、北の森の報告書。

 ♪おすすめの新刊2019.12.20
<堕落刑事マンチェスター市警エイダン・ウエイツ/ジョセフ・ノックス>俺は二度と日の当たる場所には出られない―押収品のドラッグをくすねて停職になった刑事エイダン・ウェイツ。提示された唯一の選択肢は街に跋扈する麻薬組織への潜入捜査、そしてそこに引きこまれた国会議員の娘の調査だった。危険極まる任務についたウェイツが目にする想像を超えたドラッグ世界の闇、そして警察の腐敗。本当の悪の正体は?心の暗部を抉るように描く驚愕のデビュー作!

 ♪おすすめの新刊2019.12.20
<悪寒/伊岡 瞬>大手製薬会社社員の藤井賢一は、不祥事の責任を取らされ、山形の系列会社に飛ばされる。鬱屈した日々を送る中、東京で娘と母と暮らす妻の倫子から届いたのは、一通の不可解なメール。“家の中でトラブルがありました”数時間後、倫子を傷害致死容疑で逮捕したと警察から知らせが入る。殺した相手は、本社の常務だった―。単身赴任中に一体何が?絶望の果ての真相が胸に迫る、渾身の長編ミステリ。

 ♪おすすめの新刊2019.12.17
<文房具図鑑ーその文具のいい所から悪い所まで最強解説/山本 健太郎>健太郎くんが完成した文房具図鑑を行きつけの文具店に持っていき、その文具店のSNSからウェブメディアに取り上げられ、瞬く間に情報が拡散され、話題に。その完成度は「小学生の宿題の域を超えている」と、大人の文房具ライターやマニアの方々も絶賛。その後、朝の情報番組「ビビット! 」「スッキリ! 」「所さんの目がテン! 」に立て続けに取り上げられました。

 ♪おすすめの新刊2019.12.17
<心ってどこにあるのでしょう/こんのひとみ>心ってどこにある? 好きな人の前で赤くなるからほっぺ? ドキドキするから胸? いやなことがあると痛くなるから、おなかかな。犬の心はしっぽにあるかもしれない。いろんな涙があるから目にあるのかも…。温かい絵と文で贈る“心えほん”。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25
[STAFF ONLY]