♪おすすめの新刊2018.4.25
<清風の記憶 二河城棗盗難始末記/深江 允>

江戸中期、日本海に面した河北藩で、二河城の宝の棗が偽物にすり替えられて盗まれた。やがて城下の土手に、この事件に関係のある変死体まで出る騒ぎ――下手人は、そして真相は……? 人情と友情を織り交ぜた、江戸時代の風を感じる事件帖。

 ♪おすすめの新刊2018.4.23
<遺言。/養老 孟司>

これだけは言っておきたかった――80歳の叡智がここに!
私たちの意識と感覚に関する思索は、人間関係やデジタル社会の息苦しさから解放される道となる。
知的刺激に満ちた、このうえなく明るく面白い「遺言」の誕生!

 ♪おすすめの新刊2018.4.23
<ハルカの空: 南アルプス山岳救助隊K-9/樋口 明雄>

登山客の度重なるマナー違反に、山小屋で働く女子大生は愕然とする。しかしそこは命を預かる場でもあった―「ハルカの空」。南アルプスで活躍する個性溢れる山岳救助隊員と相棒の“犬たち”が、登山客の人生と向き合う!

 ♪おすすめの新刊2018.4.23
<3時のアッコちゃん/柚木 麻子>

澤田三智子は現在はシャンパンのキャンペーン企画チームに所属しているが、会議が停滞してうまくいかない。そこに現れたのが黒川敦子女史、懐かしのアッコさんだった。会議に出すアフタヌーンティーを用意して三智子の会社に五日間通うと言い出した。不安に思う三智子だったが…!?

 ♪おすすめの新刊2018.4.18
<おててを ぽん (おててであそぶ絵本)/天明 幸子>

点線の手形に手を置いて、手と絵をあわせて、みたて遊びを楽しむ絵本です。いろいろな形の手で置いてみたり、おうちの方の大きな手をのせてみたりして、お子さんとふれあいながら楽しんでください。2さいから。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37
[STAFF ONLY]