♪おすすめの新刊2018.10.19
<青空と逃げる / 辻村 深月>


深夜の電話が、母と息子の日常を奪い去った。疑心、恐怖、そして怒り。壊れてしまった家族が、たどり着く場所は―。母の覚悟と、息子の決意。

 ♪おすすめの新刊2018.10.17
<伴走者 /浅生 鴨>
お前は伴走者だ。俺の目だ」『夏・マラソン編』「速いが勝てない」と言われ続けた淡島は伴走者として、勝利に貪欲で傲慢な視覚障害者ランナーの内田と組むことに―。『冬・スキー編』優秀な営業マンの涼介は、会社の方針で全盲の天才スキーヤーの女子高生・晴の伴走者をするよう命じられるが…。自分ではなく他人のために勝利を目指す。熱くてひたむきな戦いを描く、新しいスポーツ小説!

 ♪おすすめの新刊2018.10.10
<Wonder/R・J・パラシオ>
オーガスト・プルマンはふつうの男の子。ただし、顔以外は。生まれつき顔に障害があるオーガストは、はじめて学校に通うことになった。だが生徒たちはオーガストの顔を見て悲鳴をあげ、じろじろながめ、やがて「病気がうつる」と避けるようになる。一方で、オーガストの話をおもしろいと感じる同級生は少しずつ増えていた。そんなとき、夏のキャンプで事件が起こる……。全ての人に読んで欲しい、心ふるえる感動作。

 ♪おすすめの新刊2018.10.10
<朝日ぎらい よりよい世界のためのリベラル進化論 /橘玲>
朝日新聞に代表される戦後民主主義は、なぜ嫌われるのか。今、日本の「リベラル」は、世界基準のリベラリズムから脱落しつつある。再び希望をとり戻すにはどうすればいいのか?現象としての“朝日ぎらい”を読み解いてわかった、未来に夢を与える新しいリベラルの姿とは。

 ♪おすすめの新刊2018.10.10
<はじめてのあみぐるみBOOK (レディブティックシリーズno.3490) /いちかわみゆき>

かぎ針を使った簡単で可愛いあみぐるみの本。3ステップ展開で初心者でも必ず編める、わかりやすい写真プロセス解説つき。ひよこやくま、いちご、みかん、ねこ、マトリョーシカなどが編める。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41
[STAFF ONLY]