♪おすすめの新刊2018.12.13
<家族がよろこぶ ダンボール工作/pika>
簡単に作れて、しかも丈夫、捨てるときも惜しげなく捨てられるというダンボール。おままごとキッチンやダンボールハウスなどの定番のものから、トイレ用の踏み台やお支度ラックなどのこんなものまで!という視点は母ならではです。我が子好みの柄で仕上げれ、お片付けがもっと楽しくなるはず。三段引き出しやファイルボックス、リモコンラックなど、年齢を問わずに誰でも使える便利グッズも満載です。

 ♪おすすめの新刊2018.12.13
<定年待合室/江波戸哲夫>
上司の逆鱗に触れ定年待合室へ追いやられた、大手百貨店の敏腕営業マン大和田は、妻のガン宣告を受け50代で早期退職をする。妻を喪ったあと、ふとしたきっかけで“人助け”に手を貸し始めるのだが、その中で出会った経験も人脈も豊富なその道のプロたちは、それぞれの職場でそれぞれの鬱屈を抱えていた―再起をかける男たちを描いた、痛快経済小説。

  ♪おすすめの新刊2018.12.13
<守教 上・下/帚木 蓬生>
隠れキリシタンたちの魂の叫びが、甦る! 慟哭の歴史巨編! 戦国期の伝来から、弾圧を経て、江戸時代の終わりまで。九州のその村に、隠れつづけたキリシタンたち。殉教する者、転ぶ者、密告する者。史実をもとに、命を賭けて信じ続けた村人たちの姿を、過酷な状況を、残酷な処刑を、心の迷いを、温かい視線で描ききった落涙必至の歴史小説。

  ♪おすすめの新刊2018.12.5
<極夜行/角幡唯介>
地球上には太陽光が何カ月も届かない「極夜」というものがあるという。著者はそのまっくら闇を約4カ月間ひとり+犬1匹で探検し、現代人が忘れつつある、闇や太陽への原初の感覚を体験しようと試みる。探検家であり、数々の文学賞を受賞したノンフィクション作家でもある著者による、渾身の探検記録。

 ♪おすすめの新刊2018.12.5
<ディス・イズ・ザ・デイ / 津村記久子 >
「こういう話をしてるとさ、どんな気持ちでも生きていけるんじゃないかって思うよね」22チームの22人のファンたちは、それぞれの思いを抱いて2部リーグ最後の試合の「その日」に向かう。職場の人間関係に悩む会社員、別々のチームを応援することになった家族、憧れの先輩に近づきたい男子高生、十数年ぶりに再会した祖母と孫など、ごく普通の人たちのかけがえのない喜びを、サッカーを通してエモーショナルに描き出す連作短編集。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43
[STAFF ONLY]