♪おすすめの新刊2018.4.3
<ぼくの ねこは どこ? /ヘンリー・コール>

文章のない、絵を読む絵本・・・。  猫は街を気ままに探検。少年は必死で捜しますが見つかりません。猫はどこにいるのでしょう?文章がなく色も少ない絵本ですが、にぎやかな物語が自然と伝わってきます。

 ♪おすすめの新刊2018.4.3
<わくわくアイデア絵手紙/岡本サヨ子>

人を喜ばせたいと思う気持ちが考える力になり、わくわくするアイデアを引き出してくれた。元気のない人に、元気を!笑顔がない人に、笑顔を!自分の弱さに、勇気を!初心に戻って、絵手紙を楽しむ心を思い出させてくれる、熱意のあるアイデア絵手紙集。

 ♪おすすめの新刊2018.4.3
<オペレーションZ/真山 仁>

日本の国家予算を半減せよ! 明日にも起こりうる危機、国家破綻。総理の密命を帯びたチームOZは、歳出半減という不可能で不可欠なミッションに挑む。官僚の抵抗、世論の反発、メディアの攻撃、 内部告発――。未曾有の超大型エンターテインメント。

 ♪おすすめの新刊2018.4.3
<凍原 北海道警釧路方面本部刑事第一課・松崎比呂 /桜木紫乃 >

水谷貢という少年が行方不明になった。それから十七年、貢の姉、松崎比呂は刑事として道警釧路方面本部に着任し、湿原で発見された他殺死体の現場に臨場する。事件には、樺太から流れ、激動の時代を生き抜いた女の一生が、大きく関係していた。

 ♪おすすめの新刊2018.4.3
<武士の碑/伊東 潤>

西郷隆盛と大久保利通の後継者と目されていた村田新八は、パリで西郷が大久保と袂を分かって下野したとの報に接する。仲裁するために鹿児島へと向かったものの、大久保の挑発に桐野利秋らが暴発。最後の内戦・西南戦争の火蓋が切って落とされた。





P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46
[STAFF ONLY]