♪おすすめの新刊2018.3.19
<母さん、ごめん。50代独身男の介護奮闘記/松浦晋也>

ある日、母が認知症を発症した――。息子(50代独身男)は戸惑い、狼狽する。母と息子。たった2人の奮闘記が始まる。男一匹、ガチンコで認知症の母と向き合った。

 ♪おすすめの新刊2018.3.19
<左京区七夕通東入ル/瀧羽麻子>

学生生活も四年目を迎えた七夕の夜、わたしはたっくんと出会った。理学部数学科のたっくんは謎に満ちていて、彼が暮らす学生寮の友人たちもどこかキテレツな理系男子ばかり。ゆかいな彼らに囲まれて送るキャンパスライフは不可思議でにぎやかだけれど、たっくんとの距離はなかなか縮まらない。やがてたっくんを夢中にさせている恋敵がわたしの前に現れ―。

 ♪おすすめの新刊2018.3.19
<愛なんて嘘/白石一文>

恋なんて白昼夢。結婚なんてまやかし。けれどもまだ誰かといることを切望してしまう。離婚し、それぞれ再婚しても添い遂げる約束をしている夫婦。接点のない上司に一年後、共に出奔して欲しいと頼まれた女。死んだ親友の妻に、同居を強要された男。正解のない人生ならば、私は私のやり方で、幸せをつかみとる。狂気まみれの純愛を貫く短編集。

 ♪おすすめの新刊2018.3.12
<難題が飛び込む男/伊丹敬之>

石川島重工(現IHI)、東芝の再建に挑み、ついには日本の行政の立て直しまで任された土光敏夫。最後の再建仕事の臨調会長として国民的英雄にまでなった男は、どんな人間だったのか。なぜ三つの再建が可能だったのか。マネジメントを熟知した戦略研究者が明らかにする稀代の経営者の軌跡。

 ♪おすすめの新刊2018.3.12
<絶叫/葉真中顕>

マンションで孤独死体となって発見された女性の名は、鈴木陽子。刑事の綾乃は彼女の足跡を追うほどにその壮絶な半生を知る。辿り着いた先に待ち受ける予測不能の真実とは!?ミステリー、社会派サスペンス、エンタテインメント。小説の魅力を存分に注ぎ込み、さらなる高みに到達した衝撃作!

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10
[STAFF ONLY]