♪おすすめの新刊2021.1.28
<♪ピンポンパンポンプー/中居正広・劇団ひとり・古市憲寿 >カピバラののんちゃんとびりーくんは、大の仲良し。けれど、びりーくんの誕生日の約束に、のんちゃんはいつまでたっても来ない……「ぼくも のんちゃんを
きらいになってやる! 」ちいさなすれ違いからケンカをしながらも、ともだちの大切さを思い出していくやさしく愛おしい物語。

 ♪おすすめの新刊2021.1.28
<とわの庭/小川 糸>帰って来ない母を待ち、〈とわ〉は一人で生き延びる。光に守られて、前を向く。暗い淵のなかに身を沈めて仰ぎ見る、透き通った光。「生きているって、すごいことなんだねぇ」。歌う鳥たち。草木の香り、庭に降りそそぐ陽射し。虹のように現れる、ささやかな七色の喜び。ちっぽけな私にも、未来、はあるのだ。読み終えると、あたたかな空気が流れます。本屋大賞第2位『ライオンのおやつ』に続く、待望の長編小説。

 ♪おすすめの新刊2021.1.28
<満月と近鉄/前野 ひろみち>小説家を志して実家を飛び出し、生駒山麓のアパートに籠もっていた「私」は寺の参道で謎めいた女性に出会う。その女性は万巻の書物に囲まれて暮らしていたが、厳しい読み手でもあった。私は彼女に認められたい一心で小説を書き続けるが……(表題作)。斑鳩の里に現れたひとりの青年、ベトナム戦争からの帰還兵ランボーは、己を戦場へ押しやった蘇我氏への復讐を胸に秘めていた(「ランボー怒りの改新」)。奈良を舞台に繰り広げられるロマンと奇想に満ちた4篇。

 ♪おすすめの新刊2021.1.19
<めんのずかん/大森 裕子>へい、いらっしゃい!
麺専門フードコート「めんパークわんこ」へようこそ。
ラーメン、パスタ、そば、うどん…おいしそうな麺がページいっぱいにずらり。大ヒット『おすしのずかん』『パンのずかん』に続く、大森裕子さんの「コドモエのずかん」シリーズ第3弾は、「めん」のすべて!

 ♪おすすめの新刊2021.1.19
<ちゃんとしなきゃ!」をやめたら二度と散らからない部屋になりました/なぎまゆ>元片付けられない人だった著者がおくる、二度と部屋が散らからなくなるための整理整頓術第2弾!今作では前巻よりも少し視点を移し、後に散らかってしまう要素になりかねない隠れた部分の整理整頓術を解説!前巻と合わせて読めば、二度と散らからない部屋にまた一歩近づくこと間違いなし。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18
[STAFF ONLY]