♪おすすめの新刊2020.8.13
<100円たんけん/文:中川ひろたか/ 絵:岡本よしろう>コンビニや100円ショップはとてもべんり。でも、まちでは、100円で何が買えるんだろう?ぼくとお母さんは、商店街をたんけんしてみることにした。はかりうりしているお肉屋さんで、100円ぶんのお肉を買ってみよう。魚屋さんに100円で買えるものはある?1800円のケーキ、100円ぶんならどのくらい?八百屋さんは? お寿司屋さんは? パンやさんは?子どもたちにとって身近なねだん「100円」で買えるものをくらべてみながら、お金のやくわりや、もののねうちについて、考えるきっかけをくれる絵本。読めば、ふだんのおこづかいの見方がちょっと変わるかも!?親子で楽しめる、はじめてのお金絵本です。

 ♪おすすめの新刊2020.8.13
<どこでもいいからどこかへ行きたい/pha>
家にいるのが嫌になったら、突発的に旅に出る。カプセルホテル、サウナ、ネットカフェ、泊まる場所はどこでもいい。時間のかかる高速バスと鈍行列車が好きだ。名物は食べない。景色も見ない。でも、場所が変われば、考え方が変わる。気持ちが変わる。大事なのは、日常から距離をとること。生き方をラクにする、ふらふらと移動することのススメ。

 ♪おすすめの新刊2020.8.13
<あしたの君へ/柚月 裕子>家庭裁判所調査官の仕事は、少年事件や離婚問題の背景を調査し、解決に導くこと。見習いの家裁調査官補は、先輩から、親しみを込めて「カンポちゃん」と呼ばれる。「カンポちゃん」の望月大地は、少年少女との面接、事件の調査、離婚調停の立ち会いと、実際に案件を担当するが、思い通りにいかずに自信を失うことばかり。それでも日々、葛藤を繰り返しながら、一人前の家裁調査官を目指す

 ♪おすすめの新刊2020.8.8
<おしりたんてい あやうしたんていじむしょ ファイル6/トロル>おしりたんていのすむ町に、名探偵を名乗るなぞの男がやってきた。新しくできた探偵事務所にいるその男に会いに行くおしりたんてい。すると、どちらが真の名探偵なのか、勝負することに。結果は、まさかの……。しかし、その男には、あやしいところがたくさんあるのです。手に汗握る推理対決や、意外な結末など、読者が謎を解きながら楽しめる、推理読み物シリーズ第6弾です。表題作ほか、全2話収録。今回も、迷路や、クイズ、「おしり」さがしなど、たくさんの謎解きがいっぱい。何度でも楽しめる、1冊です。

 ♪おすすめの新刊2020.8.8
<サルデーニャの蜜蜂/内田 洋子>

イタリア往還四十余年、珠玉のエッセイ十五篇。伊日財団ウンベルト・アニエッリ記念ジャーナリスト賞受賞(2019年度)

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25
[STAFF ONLY]