♪おすすめの新刊2020.11.12
<鼠異聞(上)・(下)新酔いどれ小籐次(十七)・(十八)/佐伯 泰英>文政9年初夏。太平の世を謳歌する江戸では近頃、貧しい長屋に小銭が投げこまれるという奇妙な事件が続いていた。小籐次は謎の青年から、名刀正宗の研ぎを頼まれる。そんな中、高尾山薬王院へ紙を納める久慈屋の旅に、息子の駿太郎・道場仲間の少年らとともに同行することに。高井戸宿、府中宿へと進む一行を付け狙うのは…。

 ♪おすすめの新刊2020.11.5
<いのちの停車場/南 杏子>東京の救急救命センターで働いていた、62歳の医師・白石咲和子は、あることの責任をとって退職し、故郷の金沢に戻り「まほろば診療所」で訪問診療の医師になる。これまで「命を助ける」現場で戦ってきた咲和子にとって、「命を送る」現場は戸惑う事ばかり。咲和子はスタッフたちに支えられ、老老介護、半身麻痺のIT社長、6歳の小児癌の少女……様々な現場を経験し、学んでいく。家庭では、老いた父親が骨折の手術で入院し、誤嚥性肺炎、脳梗塞を経て、脳卒中後疼痛という激しい痛みに襲われ、「これ以上生きていたくない」と言うようになる。「積極的安楽死」という父の望みを叶えるべきなのか。咲和子は医師として、娘として、悩む。7万部突破『サイレント・ブレス 看取りのカルテ』、連続ドラマ化『ディア・ペイシェント 絆のカルテ』著者最新作。

 ♪おすすめの新刊2020.11.5
<よろず屋お市深川事件帖/誉田 龍一>幼いころ、実の父母を殺されたお市だが、腕利きの岡っ引きだった万七に引き取られ、強くたくましく育つ。よろず請負い稼業に身を転じた万七から、体術を教え込まれてきたのだ。が、その万七が大川で不審な死を遂げた。哀しみの中、お市は稼業を継ぐ。駆け落ち娘の行方捜し、不義密通の事実、記憶のない女の身元、ありえない水死の謎――持ち込まれる難事にも、お市は生前の万七の極意を思い返し、真実を掴みとってゆく。

 10月の新刊2020.11.2
<小 説>

・残業禁止/荒木 源
・食いしん坊発明家/小泉 武夫
・オブリヴィオン/遠田 潤子
・猫の傀儡/西條 奈加
・ダークナンバー/長沢 樹
・全能兵器Aico/鳴海 章
・持続可能な魂の利用/松田 青子
・白蝶花/宮木 あや子


<日記・海外小説>

・ほんとうのリーダーのみつけかた/梨木 香歩
・チャイルド・ファインダー雪の少女/レオ・デンフェルド
・あの本は読まれているか/ラーラ・プレスコット


<実用書・ノンフィクション・その他>

・ヒトの脳にはクセがある/小林 朋道
・「関ケ原」の決算書/山本 博文
・ルポ 百田尚樹現象/石戸 諭
・麹町中学校の型破り校長 非常識な教え/工藤 勇一
・地球の履歴書/大河内 直彦
・痴漢外来ー性犯罪と闘う科学−/原田 隆之
・おひとりさまのゆたかな年収200万円生活B/おづまりこ
・その名を暴け#MeTooに火をつけたジャーナリストたちの闘い/ジョディ・カンター ミーガン・トォーイー

<児童書>

・りんごごろごろ/ぶん・もぎ あきこ  え・森 あさ子
・ながーい5ふんみじかい5ふん/リズ・ガートン・スキャンロン/オードリー・ヴァニック
・ルドルフとノラねこブッチー/斎藤 洋
・ふしぎ駄菓子屋 銭天堂A/廣嶋玲子

 ♪おすすめの新刊2020.10.27
<りんごごろごろ/ぶん・もぎ あきこ  え・森 あさ子>

★MOE絵本屋さん大賞2020「パパママ賞」ノミネート★ ♪りんごごろごろりんごごろごろみかんかーんかんみかんかーんかんりんご、みかん、ピーマン、しーたけ、バナナ・・・
いろいろな果物や野菜が登場する、人気の手遊び歌が初の絵本になりました。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25
[STAFF ONLY]