♪おすすめの新刊2021.1.19
<われもまた天に/古井 由吉>自分が何処の何者であるかは、先祖たちに起こった厄災を我身内に負うことではないのか。インフルエンザの流行下、幾度目かの入院。雛の節句にあった厄災の記憶。改元の初夏、山で危ない道を渡った若かりし日が甦る。梅雨さなか、次兄の訃報に去来する亡き母と父。そして術後の30年前と同じく並木路をめぐった数日後、またも病院のベッドにいた。未完の「遺稿」収録。現代日本文学をはるかに照らす作家、最後の小説集。

 ♪おすすめの新刊2021.1.19
<ミッドナイトスワン/内田 英治>

トランスジェンダーに芽生えた愛と母性の物語。
映画「ミッドナイトスワン」の監督がみずから書き下ろした感動の小説。故郷を離れ、新宿のニューハーフショークラブのステージに立つ、トランスジェンダーの凪沙。ある日、育児放棄にあっていた少女・一果を預かることになる。常に片隅に追いやられてきた凪沙は、孤独の中で生きてきた不幸なバレリーナの一果と出会い、母性の芽生えを自覚するが……。切なくも美しい現代の愛を描く奇跡の物語。

 ♪おすすめの新刊2021.1.6
<忍びたちの本能寺/近衛 龍春>本能寺の変の真相を探れ──。特命をうけた甲賀忍びの伊兵衛は、美貌のくノ一於夕や千蔵らと探索を開始した。他の忍びの妨害をかわし疑わしい人物を洗っていく。近衛前久、勧修寺晴豊、神主の吉田兼和、御所、そして伴天連の筋。愛宕山の連歌の謎や奇妙な日記が意味することは何か。京都と丹後宮津、浜松をつなぐ点と線、非情なる密約の構図とは。歴史の闇に大胆に挑み新説を提示する傑作。

 ♪おすすめの新刊2021.1.6
<龍神の子どもたち乾ルカ>

新中学生が極限状態で結んだ友情。そして学んだ “自分で考えて生きる" という力。大人になって忘れてしまった、他人を思いやる物語。

 12月の新刊2020.12.28
<小 説>

・プリズン・ドクター/岩井 圭也
・ツタよ、ツタ/大島 真寿美
・猿神/太田 忠司
・罪人が祈るとき/小林 由香
・あきない世傳金と銀(九)淵泉篇/田 郁
・甲の薬は乙の毒 薬剤師・毒島花織の名推理/塔山 郁
・もう、聞こえない/誉田 哲也
・ブラックウェルに憧れて/南 杏子
・出会いなおし/森 絵都
・おもちゃ絵芳藤/谷津 矢車
・自転しながら公転する/山本 文緒
・海蝶/吉川 英梨



<日記・海外小説>

・五十八歳、山の家で猫と暮らす/平野 恵理子
・母を捨てるということ/おおたわ 史絵
・秋/アリ・スミス
・時計仕掛けの歪んだ罠/アンネ・ダール
・イタリアン・シューズ/ヘニング・マンケル





<実用書・ノンフィクション・その他>

・忌み地 怪談社奇聞録/福澤徹三・糸柳寿昭
・国家の怠慢/橋洋一・原英史
・annasの草花と動物のかわいい刺繍/川畑 杏奈
・光と窓/カシワイ



<児童書>

・妖怪の子預かります 1/廣嶋玲子
・小学館の図鑑NEOG[新版]星と星座/杉本 隆
・いつつごうさぎのきっさてん/まつおりかこ

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18
[STAFF ONLY]