8月の新刊案内2018.8.30
<小 説>
・R帝国/中村文則
・月の炎/板倉俊之
・玄鳥さりて/葉室麟
・籠の鸚鵡/辻原登
・ママの人生/和田裕美
・明るい夜に出かけて/佐藤多佳子
・朽ちないサクラ/柚月裕子
・誰かのぬくもり/新津きよみ
・逢魔が時に会いましょう/荻原浩
・革命前夜/須賀しのぶ

<海外小説>
・15時17分、パリ行き/アンソニー,サドラー
・許されざる者/レイフ・GW・ペーション
・すべて見えない光/アンソニー ,ドーア
・オンブレ/エルモア,レナード・著/村上 春樹・訳

<エッセイ・手記・その他>
・バナナを逆からむいてみたら―人生の視点を変える  レッスン/アーチャン,ブラーム
・超越と実存―「無常」をめぐる仏教史/南直哉
・京都 紅葉めぐり、雪模様―写真家の散歩みち 秋冬 編/水野克比古
・近代日本一五〇年―科学技術総力戦体制の破綻/山本 義隆
・大逆事件―死と生の群像/田中伸尚
・無私の日本人/磯田道史
・青春を山に賭けて (新装版)/植村直己

<文芸書・実用書>
・町を住みこなす―超高齢社会の居場所づくり/大月敏 雄
・これからは、がんばりすぎない 40歳からの暮らし替 え/柳沢小実  
・グレイヘアという選択―ムリせず自然に美しく/主婦 の友社  
・樹の手帳 散歩が楽しくなる /岩谷美苗  
・基礎から学ぶ花色配色パターンBOOK/坂口美重子  
・TJ MOOK うちの子が長寿犬になる育て方/宝 島社  
・サバが好き!―旨すぎる国民的青魚のすべて 全さば 連監修/全日本さば連合会 他  
・10倍速く書ける超スピード文章術/上阪徹

<児童書>  
・はじめてまなぶ もちかたのえほん (たのしいちしき えほん) /宮里暁美 他
・かぶきやパン/かねまつすみれ
・じかんだよー/さいとうしのぶ
・介護というお仕事 世の中への扉/小山朝子


 ♪おすすめの新刊2018.8.22
<グレイヘアという選択/主婦の友社 >
白髪を染めたくないけど…、いつやめる?途中が見苦しくない?老けるのでは?
グレイヘアの素敵な女性になる方法を徹底解説。

 ♪おすすめの新刊2018.8.22
<許されざる者/レイフ・GW・ペーション >
国家犯罪捜査局の元凄腕長官ヨハンソン。脳梗塞で倒れ、命は助かったものの麻痺が残る。そんな彼に主治医が相談をもちかけた。牧師だった父が、懺悔で25年前の未解決事件の犯人について聞いていたというのだ。9歳の少女が暴行の上殺害された事件。だが、事件は時効になっていた。ラーシュは相棒だった元刑事らを手足に、事件を調べ直す。スウェーデンミステリの重鎮による、CWA賞インターナショナルダガー、ガラスの鍵賞等五冠に輝く究極の警察小説。

 ♪おすすめの新刊2018.8.22
<明るい夜に出かけて/佐藤 多佳子 >
『一瞬の風になれ』(本屋大賞受賞作)の著者、書下ろし! 青春小説に名作がまた誕生した。今は学生でいたくなかった。コンビニでバイトし、青くない海の街でひとり暮らしを始めた。唯一のアイデンティティは深夜ラジオのリスナーってこと。期間限定のこのエセ自立で考え直すつもりが、ヘンな奴らに出会っちまった。つまずき、人づきあい、好きだって気持ち、夢……若さと生きることのすべてが詰まった長篇小説。

 ♪おすすめの新刊2018.8.20
<朽ちないサクラ/柚木裕子 >
警察のあきれた怠慢のせいでストーカー被害者は殺された!? 警察不祥事のスクープ記事。新聞記者である親友に裏切られた……口止めした森口泉は愕然とする。情報漏洩の犯人探しで県警内部が揺れる中、親友が遺体となって発見された。警察広報職員の泉は、警察学校の同期・磯川刑事と独自に調査を始める。次第に核心に迫る二人の前にちらつく新たな不審の影。事件の裏には思いも寄らぬ醜い闇が潜んでいた……。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37
[STAFF ONLY]