♪おすすめの新刊2019.2.8
< おなまえ いえるかな? はじめてのずかん555 英語つき/講談社ビーシー>
大ヒットシリーズ(幼児向け写真ずかんシリーズ累計販売ナンバーワン)『おなまえいえるかな はじめてのずかん 英語つき』の最新版です。
大幅増補改訂でお送りし、収録内容は555と大増量。
555もの言葉を日本語と英語で紹介しています。0~4歳向け。

 ♪おすすめの新刊2019.2.8
<図解 健康になりたければ家の掃除を変えなさい/松本忠男>
正しい掃除法を知れば、私たちはもっと健やかな毎日を送ることができます。
時間と労力がかかるだけの“やみくも掃除"からは、もう卒業しませんか?
一家に1冊、必携の書です!

 ♪おすすめの新刊2019.2.8
<光の犬 /松家仁之>
生まれ、育ち、生きて、病み、死んでゆく――。その瞬間、たしかにそこにあった生のきらめき。北の町に根づいた一族三代と、そのかたわらで人々を照らす北海道犬の姿。助産婦の祖母の幼少時である明治期から、父母と隣家に暮らす父の独身の三姉妹、子どもたちの青春、揃って老いてゆく父母とおばたちの現在まで……。百年以上に亘る一族の姿を描いて、読後、長い時間をともに生きた感覚に満たされる待望の新作長篇!

 ♪おすすめの新刊2019.2.8
<ひとつむぎの手/ 知念実希人>
大学病院で過酷な勤務に耐えている平良祐介は、医局の最高権力者・赤石教授に、三人の研修医の指導を指示される。彼らを入局させれば、念願の心臓外科医への道が開けるが、失敗すれば…。さらに、赤石が論文データを捏造したと告発する怪文書が出回り、祐介は「犯人探し」を命じられる。個性的な研修医達の指導をし、告発の真相を探るなか、怪文書が巻き起こした騒動は、やがて予想もしなかった事態へと発展していく―。

 1月の新刊2019.2.8
<小 説>

・潜在殺/渥美饒児
・ひとり白虎/植松三十里
・四十歳、未婚出産/垣谷美雨
・銀河鉄道の父/門井慶喜
・じっと手を見る/窪美澄
・九十九藤/西條奈加
・硝子の葦/桜木紫乃
・真犯人/翔田寛
・凍てつく太陽/葉真中顕
・dele/本多孝好
・うちのご近所さん/群ようこ
・私の頭が正常であったなら/山白朝子

<海外小説>

・北氷洋/イアン・マグワイア
・またの名をグレイス 上下/マーガレット・アトウッド

<実用書・ノンフィクション・他>

・徳川おてんば姫/井出久美子
・雇用身分社会/森岡孝二
・バッタを倒しにアフリカへ/前野ウルド浩太郎
・下がらないカラダ/小野咲
・ふたりからひとり/つばた英子
・悩みをアジに変える オヤジの着こなしルール/本江浩二
・つくりおきを楽しむ暮らし 台所仕事を一番幸せな時間に/伊藤茜
・みそ汁はおかずです/瀬尾幸子
・日航機123便墜落 遺物は真相を語る/青山透子
・大家さんと僕/矢部太郎
・働く男/星野源
・甲子園という病/氏原英明
 
<児童書>

・なずずこのっぺ?/カーソン・エリス
・おうさまのたからもの/糟谷奈美
・かあちゃん取扱説明書/いとうみく
・おしりたんてい みはらしそうのかいじけん/トロル

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38
[STAFF ONLY]