♪おすすめの新刊2018.6.20
<筋読み/田村 和大>
第16回(2018年度)『このミステリーがすごい! 大賞』優秀賞受賞作 殺害の疑いで山下という男が出頭。殺害現場で採取されたDNA型が山下のものと一致したため起訴間違いなしと目されたが、警視庁捜査一課の刑事・飯綱だけは異を唱え、捜査を外されてしまう。同じ頃、少年が車に轢かれ、直後に連れ去られる事件が発生。担当をあてがわれた飯綱は少年の居場所を特定し無事保護したが、少年から山下と全く同じDNA型が検出されたとの報せが入り―。

 ♪おすすめの新刊2018.6.12
<ふしぎな のりものずかん/斉藤 洋>

そんごくう、シンデレラ、うらしまたろう……。みんなどんなのりものに乗っているのかな?絵本をめくるごとに登場する様々なのりもの。のりものが大好きな子どもたちが、名作のおもしろさにふれるきっかけになる絵本です。
まちがいさがしや、さがし絵のページもあり、どのページにもお楽しみがいっぱい。

 ♪おすすめの新刊2018.6.12
<てんきち母ちゃんの 茶色いおかずばっかり!/井上 かなえ>

地味だけど、おいしい。簡単おかずも、作りおきも、お弁当もおまかせ!!レシピブログ殿堂入り大人気ブロガーの最新作。

 ♪おすすめの新刊2018.6.12
<雪冤/大門 剛明>

第29回(2009年) 横溝正史ミステリ大賞受賞
死刑囚となった息子の冤罪を主張する父の元に、メロスと名乗る謎の人物から時効寸前に自首をしたいと連絡が入り、真犯人は別にいると告白され…。緊迫と衝撃のラスト!死刑制度と冤罪に真正面から挑んだ社会派推理。

 ♪おすすめの新刊2018.6.12
<そして、バトンは渡された/瀬尾まいこ>

森宮優子、十七歳。継父継母が変われば名字も変わる。だけどいつでも両親を愛し、愛されていた。この著者にしか描けない優しい物語。 「私には父親が三人、母親が二人いる。 家族の形態は、十七年間で七回も変わった。 でも、全然不幸ではないのだ。」 身近な人が愛おしくなる、著者会心の感動作

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30
[STAFF ONLY]