♪おすすめの新刊2018.8.3
<玄鳥さりて/ 葉室麟>
武士の刀は殿のためにあるのではない。命にかえても守りたい者のためにあるのです。富商の娘を娶り、藩の有力派閥の後継者として出世を遂げる三浦圭吾。しかしその陰には遠島を引き受けてまで彼を守ろうとした剣客・樋口六郎兵衛の献身と犠牲があった。時が過ぎ、藩に戻った六郎兵衛は静かな余生を望むが、愚昧な藩主の企てにより二人は敵同士に仕立てられていく――剣が結ぶ男と男の絆を端然と描く傑作時代長編。

 ♪おすすめの新刊2018.8.3
<月の炎/板倉俊之>
急転直下の展開に感涙必至! 異才芸人が贈るハートウォーミング・ミステリーの極致。異変は、皆既日食から始まった――驚異の現象に沸いた小学5年生の弦太たち。だが、その日から小学校周辺で謎の連続放火事件が発生する。消防士の父が殉職した過去を背負い、友人と共に“真犯人”を追う弦太。少年たちの前で「真実」は二転三転して、やがて言葉を失う「真相」が明るみに。コントの名手が物語の才を開花させた快作!

 7月の新刊2018.7.28
<小 説>

・わたし、定時で帰ります。/朱野帰子
・雲上雲下/朝井まかて
・ミッドナイト・バス/伊吹有喜
・定年オヤジ改造計画/垣谷美雨
・億男/川村元気
・路上のX/桐野夏生
・祝葬/久坂部羊
・げんげ 新・酔いどれ小籐次㈩/佐伯泰英
・崩れる脳を抱きしめて/知念実希人
・樽とタタン/中島京子
・海うそ/梨木香歩
・潮風エスケープ/額賀澪
・彼女がその名を知らない鳥/沼田まほかる
・たゆたえども沈まず/原田マハ
・湖畔の愛/町田康
・おらおらでひとりいぐも/若竹千佐子

<海外小説>

・マザリング・サンデー/グレアム・スウィフト
・東の果て、夜へ/ビル・ビバリー
・パタゴニア/ブルース・チャトウィン

<文芸書・実用書>

・暗い時代の人々/森まゆみ
・言ってはいけない中国の真実/橘玲
・絶滅の人類史―なぜ「私たち」が生き延びたのか/更科功
・「だから、生きる。」/つんく♂
・奇跡の四国遍路/黛まどか

<児童書>

・えがないえほん/B.J.ノヴァク
・オレ、カエルやめるや/テヴ・ぺティ
・いもうとガイドブック/ポーラ・メトカーフ
・Life ライフ/くすのきしげのり


 ♪おすすめの新刊2018.7.18
<オレ、カエルやめるや/デヴ・ペティ>

カエルはカエルがイヤなのです。だってぬれてるし、ヌルヌルしてるし、ムシばっかり食べるし…。それよりも、もっとかわいくて、フサフサの動物になりたいのです。生意気でかわいいカエルのユーモア絵本。第一弾、ついに邦訳。

 ♪おすすめの新刊2018.7.18
<パタゴニア/ブルース チャトウィン>

人はなぜ移動をするのか。マゼランが見た裸の巨人、ブッチ・キャシディとサンダンス・キッド、伝説の一角獣、オオナマケモノを見つけた19世紀の船乗り、世界各地からの移住者たち…。幼い頃に魅せられた一片の毛皮の記憶から綴られる、繊維かつ壮大なる旅の軌跡。不毛の大地に漂着した見果てぬ夢の物語。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37
[STAFF ONLY]